多種多様にあるお金の借入れの審査の観点から検証してみると、基準も多様にあることが言えます。一言でキャッシングといっても、金融機関であったり大手の会社であったり、また独立系のものなど多様です。それをチェックした際、自然に、審査項目が甘い会社、難しい会社というものに分かれます。まず、合わせてお金を借り入れる数は、三社が基準になります。キャッシングをしている件数が3社がキャッシング金額が収入の3分の1より少なければ、銀行であっても審査基準に通過する見込みは高いはずです。金融機関系はおおかた利子が少なめに設定していますので、活用するなら銀行がお勧めでしょう。キャッシング件数がもしも融資を受けている件数が4件を上回っている場合、金融機関系は難しくなるといえます。しかし、2006年からできた制度の貸金業規制法や出資法などの法改正により、利息の上限が下がり、銀行ではキャッシングが通りづらい傾向にあるはずです。銀行系でも、一段と審査基準に対して通りづらくなると思います。また、審査の甘い会社と有名な企業でも、むやみに審査依頼するればよいわけでもないはずです。万が一、事前にその企業に関して情報を収集せずに申し入れをし、手続きに通過しなかった際は、その情報は個人信用情報機関に登録され、信用情報機関に登録される期間は3ヶ月〜6ヶ月なのです。その期間、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうことになります。汚れたからといって即座に借りられないというわけではありませんが、その情報を参照する業者の審査項目には、当たり前に、少なからず影響があるでしょう。大方通過しやすいといわれている手続きを持つ会社でも、そのことにより借りられなくなるということもあるかもしれないのです。